スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダークナイトをやっと観た(後編)

チンタラポンタラしてたせいで随分と時間が掛かってしまったが
今回で「バットマンVSダークナイト」は終了だ。
この期に及んでアレだが「バットマンVSダークナイト」
ジョーカーがどっちも凄い…完全にジョーカーが主役だ。ジョーカーさえ居れば…
えっと…何が言いたいかってぇと…その…レビュー後編だがあまり語ることがないんだ…
「ジョーカーを語れればもういいや」みたいな…いや!ヒロインだとか配役だとか
細かく語ることはあるんだけど俺の能力不足もあって、それを書くとスゲェ長くなる…うん。
どれくらい長くなるかってぇと「シンドラーのリスト」を観終えてから

続編の「シンドラーのリスト・リローデッド~最後の聖戦~」を観るくらい…
とまぁ泣き言&言い訳をしても始まらないので後編だ。あと、そんな続編は無い。

後編はアクションやストーリー辺りをざっくりレビューするよ。
「バットマン」のアクションは…流石に古いわな。
これは仕方ない…でも殺陣とか今、観てもカッコイイぞ。
「リターンズ」のキャットウーマン戦も良い。
ちなみに俺はミシェル・ファイファーのキャットウーマンが好きだ。
今、ミシェルのキャットウーマンを思い起こすとグッと来るな!!ググッとぉ!!
なぜか!?単に俺が当時のミシェルの年齢に近づいたからだよ!!

かなり脱線してしまったが「ダークナイト」「ビギンズ」の激揺れカメラワークの
反省を活かして凄いアクションを見せてくれた。
もう一度、脱線するが「ビギンズ」のカメラワークはなんだったんだ?
特に格闘シーン。カットは細かい、アップは多い、カメラはワサワサ揺れるわで…
まるで蝙蝠の視点で観てるような…はっ!?そういうことか!!そりゃ凄ぇや!!
気付いちゃったよ~そっかそっか~はぁーなるほどな~

でも俺には観辛いだけだったよ

話を戻すか…ダークナイトのアクションは激しくて凄かったぜ!
俺は中盤辺りのカーチェイスなんか最高だった!!グオォォォォン!!ドガァァァァン!!
俺はどっちのアクションも好きだけど「バットマン」「ダークナイト」じゃ
技術進歩の差がありすぎるし予算なんて桁違いだぞ。
バットマンが4800万$に対してダークナイトは1億8500万$だ!!
とんでもねぇな…人生10回遊んで暮らしてもまだ余る。
ただダークナイトのアクションは最後まで目が離せなかった。
ってことでアクションはダークナイトの勝ちだな。

次はストーリー…と思ったけど、ストーリーに関してはどっちも漠然としてる。
これこそ語ることがあまり無いな……
世界観なら圧倒的に「バットマン」だろ。
薄暗くて肌寒くて不気味なカンジが、いかにもバートン。
「リターンズ」なんかバートンに全権を委ねて作ってるから更にバートンしてる。
「ダークナイト」は何か説明しすぎじゃないか?
ジョーカーがお喋りなのは良いけどバットマンまでお喋りなのは駄目だな。
まぁ…ノーラン映画は基本的に登場人物が「テーマ」語りまくるものだけどな。
これは勿論、「バットマン」の勝ち。

これで「ダークナイトをやっと見た」は終わりだが「バットマン」「ダークナイト」
素晴らしくカッコイイ映画だよ。観てない人には是非とも観てほしい。
あぁ…「フォーエバー」「Mr.フリーズの逆襲」を忘れてたな…
いずれレビューするだろうけど観たい人は観てくれ。
「つまらない」「くだらない」の差について考えれるぞ。

では次回レビューでお会いしましょう。まだ何も考えてないけどな。
スポンサーサイト

ダークナイトをやっと観た(中編)

さて…不毛なバットマンVSダークナイトのレビューを続き…の前に!!

家村さんのブログで当ブログを紹介して頂きました。
ここに厚くお礼申しあげます。ありがてぇ…ありがてぇ…。
家村さんのブログは当ブログでリンクさせて頂いておりますので
良かったら皆さん、ご覧になってください。
もっとこう…ブログの機能を駆使したお礼や紹介なりの方法があるとは思いますが
私、投石による狩りで日々の糧を得ている旧石器時代の人間ですので悪しからず…。

よし続き!!

バットマン VS ダークナイト

今回は主役であるバットマンをレビューしたい。

002.jpg
新バットマン「クリスチャン・ベール」

幸いなことにベールバットマンは二丁拳銃戦闘術(ガン=カタ)とか使わなかった。
もし、そんなシーンがあったら俺は貴重なゴールデンウィークを使って
モルドール国の滅びの山の火口にDVDを投げ捨てる旅に出てたな。
しかもDVDは借り物だ。
まぁベールバットマンは有りか無しかで言えば「有り」だろう。
クリスチャン・ベールは好きな俳優だしな。


続いて
batmankeaton.jpg
旧バットマン「マイケル・キートン」

うん…怖い。ダークヒーロー臭がプンプンする。
ジョーカーとの会話中にキートンバットマンがニヤっと笑うシーンがあるんだけど
それがまた怖い。余裕の笑みというか

「殺しゃしないが俺はいつでもお前を半殺しにできるぜ?」みたいなね。

俺が悪党なら「助けて!自首しますぅ!生まれたばかりのなんちゃらかんちゃらぁぁぁ」
って脱糞しながら命乞いする。つまりウンコ漏らす。

Wバットマンの紹介も終わったところで比べてみよう。

ベールは「バットマンビギンズ」からブルースの変遷や成長を演じてる。
凄く大変だったと思うけどバットマンとしてはキートンの方が上だろう。

何故か?

キートンバットマンは覚悟が出来てた。
バットマンとして一人で戦い抜くと腹を括ってた。
だからバットマンとして活動することの苦悩をあまり表に出さなかった。
感情もあまり表に出さない。ダークヒーロー側だからな。
素顔を見てバットマン活動してるように見えないとこも良いんじゃないかな。

一方でベールバットマンは何ていうか軽い。
もう何か「最近、ブルースさん悩んでるよね~」ってのがプンプン臭う。
正体がバレたとしても「あの人がバットマンの正体?あぁー…っぽいねぇ」ってかんじ。
キートンもベールも一人で戦ってるけど前者は「孤高」で後者は「孤独」だ。
戦士は孤高の方がカッコイイもんだ。

バットスーツもキートンバットマンの方が好き。
重厚で威圧感たっぷり!殴りかかったら拳が砕けそうだからそんな気すら起きない。
まぁあのバットスーツは首が回りそうにないけどな。
ベールバットマンの方は何だかコスプレっぽい…口の周りがハート型なのも嫌だ。
あとベールがバットマン活動してる時のあの声は何なんだ?
変声機とか使ってる設定らしいが、それにしたってドスを利かせすぎじゃないか?

日本語にすれば「う゛ん゛こ゛も゛れ゛ぞう゛ぅぅ」みたいなさ…。

ベールの文句ばっかになったけどベールが悪いんじゃないよな。
そういう仕様のバットマンなんだよ。仕様…な?

ここからは本当に主観だけの独り言だ。
バットモービル…ティムバートン版のは今見ても、カッコいいぜ!
夜のゴッサムシティーの街並みにピッタリだよ。

だがビギンズから登場したバットモービルは駄目。
やりすぎだろ?装甲車じゃねぇか…デザートカラーに塗装すれば中東に行けるな!
RPGでぶっ飛ばれさてしまえ!
だからジョーカーに吹っ飛ばされた時は「よっしゃ!」と拳を握ってしまった。
その後、モービルの中からバットポッドが飛び出したのには驚いた。
しかもバットポッドはカッコイイんでやんの。

長くなったがバットマン対決はマイケル・キートンの勝ちってことで。

たかが中編を書くのに時間が掛かってしまったのは
ゴールデンウィークが終わってしまったのと
会社で下書きをしてたけどブログのために残業は出来ないし
そもそも残業する気なんてコレっぽっちも無いのと
金曜ロードショーのスターウォーズを見てたのと
見終わったら寝てしまったのと土曜日は「うひょー土曜日最高!」と遊びに出かけたからです。
別に三日坊主なわけではないので悪しからず。

バットマンVSダークナイトは次回で片付けたい。




ダークナイトをやっと観た(前編)

今更、ダークナイト?
まぁそう言うなよ…観ちゃったんだから。
最初に言わせてもらうけど俺が書くのは「ダークナイト」のレビューというより

バットマン VS ダークナイト

ティムバートン版バットマンとダークナイトはどっちが凄い?
という恐ろしく不毛なレビューになる。
比べるものじゃないけど比べちゃう。

ダークナイトを観た経緯はロッキー・ザ・ファイナルを借りたついでだった…
というか友人が面白いと言ってたのを思い出したから借りたわけだ。

公開当時に観る気は無かった。
だってジョーカー「J・ニコルソン」じゃねぇんだぜ!?

ジョーカーっつったら

jacknicholson_joker2_convert_20110505135947.jpg

↑これだろ!?どーよ?この笑顔!メイク無しでもニコルソンの笑顔は怖い…
俺がニコルソンに微笑みかけられたら
「死にたくない!助けて!生まれたばかりのハムスターがいるんですぅぅぅぅ」
って糞尿をちびりながら命乞いする。間違いなく。

まぁ要するに「バットマン」ティムバートン版が最高!!と思ってたわけだ。つまり懐古主義。
画像で観たヒースジョーカーは好きになれなかった。
「ジョーカーの顔色はメイクじゃないだろ!!」
「ニコルソンを超えるジョーカーなんているわけない」
「ニコルソンの正体はジョーカー」
と…
そんな思いを心に満載してダークナイトを観た。
そして観終わった・・・・・・・・・・・・


おふぅひょおおおおおおおおおお!!!!!!!!
ヒースジョーカー怖えええええええええええ!!!!

20090518103709.jpg

いやいやいや…ヒースすげぇわ…
面白いし怖いし…これはジョーカーだわ…
ヒースジョーカーは過去のジョーカーをきっちり踏襲してる。
そのうえで自分なりのジョーカーを演じてる。
ニコルソンのジョーカーは怖いけど「不気味・気持ち悪い」が主成分。
ヒースジョーカーには本当に恐怖を感じた。モノホンのシリアルキラー。

「名乗り出なきゃ毎日誰かが死ぬ」
と口をニチャニチャさせながら脅迫するシーンは最高だった。
口が裂けてるもんだから、よく涎を啜る演技も良かった。
ヒースジョーカーは謎だらけなのも良いな。
心地よいもどかしさ。

…ええい!クソ!!ジョーカーはヒースの勝ちだ!
公平なジャッジなんて考えてなかったけどヒースジョーカーには隙がねぇ…。
ダークナイトに続編があるなら無論のこと続投してほしい…が
ヒースはもうこの世の住人ではない。残念すぎるだろ。

余談だけどゴードン警部補がゲイリー・オールドマンとはな…
その…なんていうか…本人は凄く嫌がるだろうけど
俺は「レオン」と「フィフスエレメント」のイメージ強くてさ…
あんた…どっちかっていうとゴードン警部補じゃなくてジョーカーだろ?

バットマンVSダークナイトはまだ続きまっせ。

初陣

さて始まりました、当ブログ

主に映画とかを私(ゲリコ)が好き勝手にレビューするブログです。
主観8、客観2くらいの割合でレビューするんで
ディープな映画ファンの方は

『このゲロ喰い野郎!!ミンチにしてやる!!』

と激怒されるかもしれませんが御安心ください。

「当方に迎撃(土下座等の謝罪)の用意あり!!」でございます。

まぁ娯楽のレビューなんで色んな意見があってしかるべきなんで
その辺は適当にやりましょう。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。